サムスンSDS、グローバルITサービスで2020年までにトップ10を目指す

三星(サムスン)グループのITサービス関連会社であるサムスンSDSは、2020年までにトップ10のITサービス企業になることを目指している。

同社は、ITアウトソーシング(ITO)、ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)、ソリューションベースのビジネスに注力することで成長することを発表し、水曜日30周年を迎えたと発表した。

サムスンSDSは昨年、7兆8900億ウォン(72億ドル)の収益と5,934億ウォン(541百万ドル)の営業利益を計上した。 2020年までに3倍近い20兆ウォンに成長することを目指している。

ITOでは、ソーシャルネットワーク、モビリティ、分析、クラウドに重点を置いています。アナリティクスソリューションはITメーカーに提供されるため、品質、歩留まり率、生産率をより適切に管理できます。

BPOでは、顧客からの物流の受注を計画しています。産業用インターネットの物と分析を使用して、Samsung SDSは顧客の視認性を高め、正確さを提供します。

三星(サムスン)SDSはまた、Samsung ElectronicsのKnoxモバイルセキュリティプラットフォームとエンタープライズモバイル管理技術を使用して、顧客のセキュリティを強化する。

現在、三星SDSの主な収入は、三星電子を含む他の三星関連会社のデータ管理から来ている。限られた成功を収めて、三星グループ以外の企業に事業を多様化しようとしてきました。

クラウドコンピューティングの成長

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大

インドの反基本的な経済対策:Marc AndreessenはTwitterの騒動に悩まされている; LG PayはMWCでノーショーになる:Report; Singtelは純利益をSG $ 16M縮小する; FacebookはインドのFree Basicsプロジェクトを撤回する; Samsungは韓国の公共安全ネットワーク

クラウド;クラウドコンピューティングは一度に1つのAPI、エンタープライズソフトウェア、甘いSUSE! HPはLinuxディストリビューションを曇らせる、クラウド、Twilioは新しいエンタープライズプランをより敏捷性を約束する、クラウド、Intel、Ericssonがパートナーシップを拡大してメディア業界に注力