シマンテック、エンタープライズIDS製品を統合

シマンテックでは、サーバーとクライアント向けのエンタープライズ侵入防御ソフトウェアの新バージョンであるSymantec Critical System Protection 5.0の出荷を年末までに計画しています。アップデートされた製品は、シマンテックのクリティカル・システム・プロテクション・ソフトウェア、Chirantan Desai(製品管理担当ディレクター)にシマンテックの現在のホストIDS製品を追加した。

シマンテックは、6月にCritical System Protectionをバージョン4.5として導入しました。この製品は、同社がIDSベンダーであるPlatform Logicを1年前に買収したことに起因する。 Critical System Protectionは、Cisco SystemsのCisco Security AgentやMcAfeeのEnterceptなどの製品と競合します。アップデートされたシマンテック製品は、サーバー上のエージェント1台あたり995ドル、デスクトップ1台あたり69ドルのコストがかかります。

セキュリティの基礎を再考する:FUDを超えて移動する方法

M2M市場はブラジルに戻ってくる

FBIは、米国の政府関係者をハッキングしたとの態度で、Crackasのメンバーを逮捕した

WordPressは、重要なセキュリティホールを修正するために今アップデートするようユーザに促す

セキュリティ:FBIがFUDを超えてどのように移行するか、イノベーション、M2M市場がブラジルに戻ってくる、セキュリティ、FBIがCrackasのメンバーを逮捕、米国の政府関係者をハッキングした姿勢、セキュリティ、Wordpress重要なセキュリティホールを修正するようになりました