スイスコム、NSAを脅かす雲の未来を見て新CEOを迎える

SwisscomはUrs Schaeppiを新CEOに任命しました。

スイスコムは、FTTHの全顧客に展開する予定で、今後2カ月間に高速ブロードバンドをパイロットしており、80万回線以上のベクトル化も計画しています。

Schaeppiは今年初めに暫定CEOの役割を担い、同社の元CEO、Carsten Schloterの死後、

スイスコムはまた、企業向けサービス部門とITサービス部門の合併を来年から単一部門にすると発表した。

Schaeppi氏は声明の中で、同社は「クラウドソリューションとホームネットワーキングやe-ヘルスなどの関連市場での成長の機会」を見ていると述べた。

「特にクラウドベースのサービスの場合、スイスのデータのセキュリティとストレージは、ビジネス顧客の意思決定プロセスにおいてますます重要な要素となっています。

この声明は、進行中のデータに対する疑惑、NSAのスパイスキャンダルに起因する欧州企業間のセキュリティ懸念の可能性が高い。

SwisscomのITサービス部門責任者Andreas Koenigは、スイスの顧客が国境を越えてデータを保持できるように、自社のクラウドサービスプラットフォームに取り組んでいたことを最近発表しました。しかし、後にクラウドプラットフォームを外国の企業に拡張して、データのプライバシーを守ることができるとロイター通信に語った。

電話会社は、ウェブサイトから尋ねられたときにサービスの詳細を明らかにすることを拒否したが、来年から企業および個人の顧客に利用可能となると語った。

欧州企業がデータを海外の諜報機関の関心を引かないようにする必要性は、遅れての通信事業者のテーマの一種であった。

先月、ドイツの現Telco Deutsche Telekomは、エストニアの大統領がヨーロッパでより多くのソブリンクラウドを求めている間に、国内のインターネットトラフィックを国内に維持する計画を発表した。

クラウドソフトウェアメーカークーパ、7500万ドルの株式公開

クラウドコンピューティングの成長

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

SwisscomのCEO、Carsten Schloter氏が死亡、Swisscomが今年1Gbpsのファイバ導入を計画していること、SwisscomがEntris Operationsを銀行業のプッシュ

クラウド、クラウドコンピューティングのクーパ、7500万ドルのIPO、クラウド、クラウドコンピューティングが1つずつAPI、エンタープライズソフトウェア、スイートSUSE! HPEはLinuxディストリビューションを曇らせ、Cloud、Twilioは新しいエンタープライズプランを展開してより敏捷性を約束

スイスコムの詳細