セールスフォース、IDサービスを開始、Oktaを目指す

セールスフォース・ドットコム(Salesforce.com)は、Web、モバイル、オンプレミスのアプリケーションをシングルサインオン、ディレクトリ統合、認証などのサービスに結びつける中心的なハブになるため、アイデンティティサービス「Salesforce Identity」を開始した。

現在一般に利用可能な最新サービスは、昨年DreamForceで発表されました。この動きにより、Salesforceは顧客、従業員、パートナーのアイデンティティを維持することを目指しています。このサービスはSalesforceのForce.comプラットフォーム上に構築され、多くの面でOktaと競合するように見えます。

Salesforceは、Sierra ClubとVarsity Brandsをサービスの早期顧客として挙げました。サービスアプリケーションとモバイルアプリとしてのソフトウェアは、複数のアプリケーション間でのシングルサインオンと接続の必要性を強調しています。 Salesforceは、顧客データのリポジトリとして機能することが多いため、アイデンティティ管理ゲームに参加することができます。

Salesforceの製品管理担当副社長Chuck Mortimoreは、IDサービスは主に従業員に重点を置いていると述べています。 「現実は、あなた自身のデバイスとアプリケーションを持っていればすべてが変わった」とモーティモア氏は語る。 「ファイアウォールの外部で起こっているすべての事態が起こっても、ITのための制御が移行しました。

Salesforce Identityの下で、企業は1つのプラットフォームからモバイルアプリとオンプレミスアプリをプロビジョニングし、一度ログインして他のアプリケーションにアクセスすることができます。 Mortimore氏は、Salesforce Identityは配管を避けたいと考えており、アイデンティティサービスを企業のエコシステムに接続する方法として考えています。機能が含まれています

このサービスは、Sales Cloud、Service Cloud、Salesforce Communities、Force.com、Chatter PlusのSalesforceのエンタープライズ版および無制限版のライセンスに含まれています。これらのサービスのない顧客の場合、料金は1か月あたり5ドルとなります。他のディレクトリはSalesforce Identityに月額1ドルで接続できます。

M2M市場はブラジルに戻ってくる

FBIは、米国の政府関係者をハッキングしたとの態度で、Crackasのメンバーを逮捕した

WordPressは、重要なセキュリティホールを修正するために今アップデートするようユーザに促す

ホワイトハウス、連邦最高情報セキュリティ責任者を任命

ユーザープロファイル、ワークフロー、管理機能を備えたクラウドディレクトリ、Active Directoryのディレクトリ統合とサポート、ダッシュボードとレポート、マルチファクタ認証、シングルサインオン、Salesforce Chatterやソーシャルフィードとの統合、モバイルIDとFacebook経由のソーシャルサインオン、Google、Amazon、PayPal、モバイルやPCなどのデバイスに基づくポリシー

革新、?M2M市場がブラジルに戻ってくる、セキュリティー、FBIがCrackasのメンバーを逮捕米政府関係者のハッキングに対する態度、セキュリティ、Wordpressは重要なセキュリティホールを修正するために今更新するようユーザーに促す、セキュリティー、ホワイトハウスは連邦最高責任者情報セキュリティ責任者