ソニー、HTC、RIMを追い越し、Nokiaは世界の出荷に

アジアのスマートフォンベンダーは、ソニーと台湾のHTCがRIMとNokiaに先立って3位と4位を獲得したことから、2012年第3四半期にスマートフォンの世界シェアを支配した。

木曜日に発表されたCanalysのレポートによると、世界のスマートフォン市場は第3四半期に1億7,370万台を出荷し、前年比44%増となった。アジア太平洋地域は、スマートフォンで市場の53%以上を占めました。

三星は第3四半期連続でチャートを上回った。どちらのベンダーも、世界のスマートフォン市場のほぼ50%を占めていました。

また、Canalysの統計によると、安価な中国のスマートフォンプレーヤーYulongが2012年第3四半期に第3位にデビューしたことで、Appleは中国のトップ5のスマートフォンランキングから脱落した。

Samsungは14%でトップのスマートフォンベンダーに続き、レノボは13%、ZTEとHuaweiはそれぞれ約10%の5位を獲得した。

ソニー、HTCが3位、ソニーが880万台で3位に飛び、2006年末以来トップ5に入った。日本のベンダーであり、今四半期に出荷された新製品により、強いブランドの再スタートを果たしました。同社のXperia P、Xperia S、Xperia U、Xperia tipoは、特にヨーロッパ、中東、アフリカ、アジア太平洋地域で出荷を拡大しました。

ソニーはまた、新型LTE製品「Xperia GX」と「Xperia SX」を搭載し、日本国内のスマートフォン出荷台数の14%を占めた。

日本のベンダーが世界的な成功を収めたにもかかわらず、Canalysの共同設立者、副社長兼アナリスト、Chris Jonesは、第3四半期の市場シェアが0.5%未満である米国市場において、報告書には

HTCは4位を維持し、世界のスマートフォン市場のわずか4.8%を占めた。そのデバイスは、One Series、Desire Vの複数のネットワークおよび地域のバリエーションなど、非常に競争力がありました。

Canalysのアナリスト、Pete Cunninghamは次のように述べています。「サムスンギャラクシーS 3との対決には挑戦していますが、HTCは中国やインドネシアなどの主要発展途上市場で順調に成長しています。しかし、今年の第4四半期は、HTCにとって、AndroidとMicrosoftのベンダーの大半と並行して厳しい状況にあり、ブランドへの継続的な投資は非常に重要だとカニンガム氏は述べた。

5位にランクインしたRIMは、市場シェアの4.2%を占めた。

北アジアのベンダーであるLG、ZTE、Lenovo、Huaweiも、ベンダーと消費者が待っていたNokiaを追い越した。

T-Mobileの無料iPhone 7の特典には、初期費用と多くの忍耐が必要です

Appleが新しいiPhoneをリリースしたときのAndroidの所有者の行動

400ドルの中国のスマートフォン?アップルとサムスンは安いライバルを追い払い、とにかく価格を引き上げる

Reliance Jioは安価なデータと無料の音声でインドの通信会社を揺るがす

Tモバイルの無料のiPhone 7の提供には、先行コストと多くの忍耐が必要です; iPhone;ここでは、Appleが新しいiPhoneをリリースしたときのAndroidの所有者、モビリティ、400ドルの中国のスマートフォン? AppleとSamsungは安いライバルを追い払い、とにかく価格を引き上げる、通信会社、Reliance Jioは安価なデータと無料の音声でインドの通信会社を揺るがす