国連様式の特許機関「パイプ・ドリーム」

世界のビジネス界が複数の国や地域の法域に跨る特許訴訟に対して苦闘し続けている中で、業界関係者は、国連の成立の中で特許体を中央化することは、共通の特許法が確立し、実施するのが難しくなるため、

Linus TorvaldsのGPLとの愛憎関係、銀行業務、Googleはオーストラリアからの交渉の保証を望んでいる大銀行

Forrester Researchのインフラストラクチャ&オペレーションアナリスト、Henry Dewingは、国連のような国際的な特許機関は、第三者として客観的でなければならず、公正かつ賢明かつ効率的に紛争を解決する必要があると述べた。

しかし、これは単なる「パイプの夢」に過ぎず、各国が裁判所の特許紛争を解決するための現行の制度よりも、組織が実施するのがさらに煩雑になることを考えると、Dewing氏は述べている。

例えば、特許事件が解決されなければならず、紛争がこの国際機関に提出されれば、関係するすべての国は特許機関の権限を認識する必要があり、これにより既存の特許システムにもう一つの国際協力が加わると彼は指摘する。

エレクトリック・フロンティア財団(EFF)のスタッフ弁護士であるダニエル・ナザー氏は、特許法は最終的には国内法であり、誰にも対応できるようにこれらの法律を標準化することは難しいと付け加えた。

同氏は、国連様式の特許体の形成は、管轄権がなく、国際特許紛争で裁定することができないため、「ひどい考え方」であると付け加えた。

Nazerはまた、特許に関するものを含むいくつかのIP財産条約を管理する現在の世界知的所有権機関(WIPO)が知的財産の保護を促進するのに十分であると考えている。しかし、特許紛争の場合には、決議に関与することはない、と彼は付け加えた。

WIPOは、国連内で運営される機関です。

特許制度がより開放されていなければならないと述べているが、現在の特許制度は、よりオープンで合理化され、企業のイノベーションを促進し、

Nazerは、今日の国際条約は、市民社会の見解や懸念、そして大衆の関心を考慮せずに知的財産保護を強化すると述べた。例えば、提案されている太平洋横断パートナーシップ(TPP)は、公然の知識なしに秘密裏に交渉されている、と彼は指摘した。

TPPは、現在、米国、オーストラリア、ブルネイ、チリ、マレーシア、ニュージーランド、ペルー、シンガポール、ベトナムの9カ国が交渉中の自由貿易協定である。 Public Knowledgeによれば、「インターネットの開放と知識に対する一般のアクセスを保つ」ことを目指す組織によると、IPの権利と執行を含む幅広い問題をカバーしています。

Dewing氏は、特許法がオープンでバランスが取れていることを保証するだけで、世界はすべてのプレーヤーが成功し、優れたイノベーションのための平等な競技場を設定できると述べている。

すべてのイノベーションに20年の独占権が与えられれば、何千もの特許を侵害することなく新製品を開発することが不可能になると同氏は付け加えた。例えば、米国では、ソフトウェア特許の曖昧さと過度の氾濫により、特許侵害訴訟で勝ち取るために特許を買うだけで、製品を作っていない企業による特許訴訟が起きているという。

?パース警察は制限されたコンピュータにアクセスしました

大韓民国最高裁は、サムスン従業員の白血病症例は仕事に関係しないと規定している

Linus TorvaldsのGPLとの愛憎関係

Googleはオーストラリアの大手銀行からの交渉を保証したい