米国政府、ハイテク企業が決済:ラウンド1から政府まで

米国司法省は、本日、FISC(Foreign Intelligence Surveillance Court)の前にいくつかのテクノロジー企業との訴訟和解を発表した。

セキュリティ、再考セキュリティの基礎:どのようにFUDを超えて移動するために、イノベーション、?M2M市場は、ブラジルで復活、セキュリティ、セキュリティ、データ侵害を確認する方法(そして、なぜあなたが本当に “pwned” FBIは、米国の政府関係者をハッキングしたとの態度で、Crackasのメンバーを逮捕した

Yahoo!、Microsoft、Google、LinkedIn、Facebookなどの国家安全保障事件の顧客データに対する政府要求への遵守に関する詳細を明らかにする許可を求めるためにFISCに訴訟を提起した5つのハイテク企業は和解に同意した彼らは結果に完全に満足していないように見えます。

次のような声明がマイクロソフトのウェブサイトに掲載されたが、5人の企業のスポークスパーソンは、「国民が国家安全保障要求の量と種類を知る権利を持っていると考えているため、訴訟を提起したこれは非常に積極的なものですが、議会が信じているすべての改革に取り組むための追加的な措置を講じることを奨励し続けるつもりです」と述べた。

アップルは支持したが、訴訟に参加しなかった。同社はワシントンポスト紙に対し、「この透明性を高めるためにこの重要なステップを踏み出したことに対して、我々は歓迎し、この決定に達した時点でAppleの見解を検討している司法省に感謝する」と述べた。

FISCに提出された実際の合意は、企業が情報をいつ、どのように公開するかについて、依然として複雑な制限を課している。彼らは、政府からの要求は厳密にはしないかもしれないが、会社が選ぶかもしれない2つのスキームで、1000または250の “バンド”でそうするかもしれない。概して言えば、1000のバンドで特定のカテゴリのリクエストについて開示したり、250のバンドで全体的なリクエストを開示することができます。つまり、0から999のリクエスト、1000から1999のリクエストなどがあります。最初のケースですが、特定の数字はありません。

ワシントン・ポストの記事では、アップルはオプション2を選択した。「2013年の上半期に249以下のアカウントに影響を与える249以下の国家安全保障文書を受け取った」と述べた。

ハイテク企業の開示の目標は、顧客データの無駄を漏らしていないことを顧客に安心させることであるため、許容可能な開示の不一致および新しいプラットフォームに関連する要求の開示の遅延は、顧客は不思議に思う。

2年遅れは、具体的には…「企業がそのような注文を受けていないプラットフォーム、製品、またはサービス(開発または取得したもの)のために企業に提供される最初の注文に関するデータそれは、プラットフォーム、製品、またはサービスがFISAの命令で以前は非公開のコレクションの対象であることを明らかにするため、政府が「新しい能力秩序」として指定したものです。おそらく、政府は「新しい能力」を主張していると思われる。

政府よりもむしろ通信会社を持つ動きのように、パトリオット法第215条に基づいて要求された電話メタデータを保持して、ハイテク企業がこのレベルの情報を開示できるようにすることは、プログラムに関する真の懸念を抱く者を満足させるものではない。政府はこの戦いで地位を譲り渡したが、依然としてこの分野を支配している。公開以上の戦争は終わっていない。

データの破損を確認しないでください(そしてなぜあなたが本当にあなたが “pwned”になってほしいか)。

セキュリティの基礎を再考する:FUDを超えて移動する方法

M2M市場はブラジルに戻ってくる

FBIは、米国の政府関係者をハッキングしたとの態度で、Crackasのメンバーを逮捕した