MicrosoftのOffice 365の新機能そのためのwikiがあります

私はマイクロソフトに、顧客やパートナーとの製品計画について十分な透明性を持たないことに対する悲しみをたくさん与えている。しかし、時にはソフトが正しいことをします。

リサーチ・イン・モーションMicrosoft Office 365用BlackBerry Business Cloud Services(BBCS)、Microsoft Exchange PSTキャプチャ、Lyncクライアント側で会話や会議の録音、SharePoint OnlineのPDFサポートの改善、SharePoint OnlineのSharePointサイトコレクションの回復機能の向上、 10,500人以上のお客様には増加、携帯電話用のExchange ActiveSync(EAS)、Exchange Onlineキオスクプランに追加されたストレージ容量の上限、Office 365 Outlook 2003へのPOPおよびIMAP接続のサポート

Office 365チームは、MicrosoftがホストするExchange Online、SharePoint Online、およびLync Onlineスイートに定期的に追加している新機能について、管理者と顧客がループを辿る方法を見つけました。 Softiesは、E(エンタープライズ)とP(中小企業)Office 365の新機能に関する情報を毎月更新している公開Office 365リリースのWikiがあります。

クラウド前の日に、Microsoftは主要製品のほとんどを2年、3年ごとに新しいバージョンでリリースしました。これにより、すべての新機能が一度に公開される大きな「タダ」の打ち上げを簡単に行うことができました。しかし、クラウド・デリバラブルでは、他のクラウド・プレイヤーと同様に、マイクロソフトは常に更新されているサービスについてのループを維持するための新しい方法が必要でした。

しばらくの間、Office 365チームは4か月ごとにOffice 365を更新していたというMicrosoftの公式の立場から、四半期ごとの公表に移行しているように見えました。しかし、現実的には、Microsoftは新しいOffice 365の機能を準備が整い次第すぐに展開しています。今年の初めから、Softiesは1月、2月、3月にOffice 365 EおよびPプランの顧客に新しい機能を提供しました。

ここでは、MicrosoftがOffice 365 wikiから今年の初めからOffice 365に追加したもののサンプルを紹介します

これは、最近リリースされた更新プログラムに関する情報であり、更新プログラムに関する情報ではありません。しかし、それはまだMicrosoftの顧客、パートナー、私たちのMicrosoftのウォッチャーに役立つリソースです….

更新:Office関連のすべてについて言えば、SharePointの専門家Bjorn Furuknapの謝辞があり、Office 15クライアント、サーバー、Wave 15 Office 365のパブリックベータ版が6月にリリースされる月であることが示されています。マイクロソフトの関係者は、今年初めにOffice 15の3つのファミリのパブリックベータ版が「今年の夏」になると述べた。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surface

Azure、Office 365:Microsoftの2つの新しいクラウド領域がデータプライバシーの問題に取り組んでいます

Windows 10:MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面、モビリティ、MicrosoftのEdge電池の主張:Chrome on Surfaceより長い、クラウド、Azure、Office 365:マイクロソフトの2つの新しいクラウド地域がデータプライバシーの問題に取り組む