Samsung 305U – 第2部、Linuxの準備とopenSuSEのインストール

ちょうど完全で正確であるために、このポストのタイトルの修正に注意してください – 明らかにこのラップトップの一般的な指定は305Uであり、私が持っている特定のモデルは306U1Aです。

この件に関する最初の記事で、私は新しいサムスンのラップトップを開梱し、Windows 7 Home Premiumのインストールと設定を行った。正直言って、これは非常に素晴らしいサブノートPCです。Windowsを実行していても速く、キーボードとタッチパッドは快適で、画面は非常に読みやすく、解像度は高く、Windowsの起動とシャットダウンは非常に遅いです、推奨された “スリープ/レジュメ”を使用することは非常に速く、私はまだそれにも問題はなかった。次のステップは、Linuxインストールの準備をしてから実際にLinuxをインストールすることです。この場合はopenSuSE 12.1 KDEになります。

ですから、Linuxのインストールには何を準備する必要がありますか? Windows / Linuxデュアルブートシステムのセットアップに関する前回の記事で述べたように、システムで必要な/必要な/必要な場合(つまり、リカバリメディアが付属していない)Windows Recovery Mediaを作成する必要があります。これに加えて、「回復メディア」から復元する必要がある場合は、ノートブックを元の工場出荷時設定に戻す必要があるため、完成したWindowsインストールのバックアップを作成することもできます。 「最初の起動と構成」の手順を再度実行します。

次に、ディスクのパーティション分割が行われます。Linuxをインストールする場所が必要です。このSamsungノートブックの場合、Windows用のSamsungインストール手順では、大きなC:1つのドライバでディスク上の空き領域全体を使用するか、 C:ドライブとD:ドライブの間の空き容量スペースを分割することによって、私が実際にやっていたことは、WindowsとLinuxの間の利用可能なスペースを分割することでした.WindowsはC:ドライブを取得し、LinuxはD:ドライブの代わりに配置します。最初にLinuxをインストールしているだけで、「水中で足をつけたい」場合は、D:パーティションを比較的小さくして、LinuxのルートパーティションとLinuxのスワップ領域を含めることができます。私は日常的に4GBのルートパーティションにLinuxディストリビューションをインストールしていますが、追加のソフトウェアと作業スペースをインストールするスペースが必要な場合は、8GB〜16GBのようなものをお勧めします。スワップスペースは、少なくともコンピュータのメモリのサイズである必要があります。このサムスンでは、4GBを作成します。つまり、D:少なくとも20GBで十分です。もう1つの極端な点は、主にLinuxを使用することが分かっており、Windowsとの下位互換性を維持するだけなので、C:パーティションを64GBなどに簡単に減らし、残りをD :(最終的にはLinux)。この2つの極端な範囲内のものはもちろん完全に許容され、経験は合理的な範囲を決定するのに役立ちますが、正確な分布はディスクの特定のサイズとメモリの量に大きく依存します。

Linux上でディスクパーティションを管理するにはいくつかの方法がありますが、いずれもそのほとんど役に立たないWindowsよりも優れています。 GPartedはグラフィカルなインターフェースを提供するので、プライマリパーティションと拡張パーティションの作成/削除/サイズ変更、NTFSを含むさまざまな種類のファイルシステムの作成、フラグの設定など、すべてのアスペクトディスク管理を制御できます。ディスクパーティションに関連付けられています。これは、UbuntuとLinux MintのLiveディストリビューションに含まれています。また、独自のParted Magic、よく知られているSystem Rescue CDなど、さまざまな専用の管理およびディスク回復ライブメディアにも含まれています。私はいつもUbuntuとMintのUSBスティックを手に入れているので、GPartedを起動するためにそれらのうちの1つを起動するだけです。あなたが持っていなければ、Parted MagicやSystem Rescue CDを持っていることは決して悪い考えではない。

Windowsのインストールを完了した後、SamsungにGPartedを実行すると、ディスクは次のようになりました

そこには、最初のパーティションはWindowsのブートローダーで100MB、2番目のパーティションはC:に与えたディスクの大部分(404GB)をカバーしています.3番目のパーティションは実際にはDに与えた40GBのみを含む拡張パーティションです:、サムスンリカバリーソリューションの4番目のパーティションは21GBです。サムスンのインストール手順のもう一つの素晴らしい点は、ここで見ることができます – 私はC:とD:のためにディスクを分割できるだけでなく、D:を拡張パーティションに入れました。インストール。これにより、Linux用にD:領域を再割り当てするのが少し楽になります。

ですから、この時点では、拡張パーティション内のNTFS論理パーティションである/ dev / sda5を選択して削除するだけです。私のパーティションがどのように/どこで割り当てられ、正確なサイズがどのように/どこにあるのかについてはかなり気になるので、私は36GBのext4パーティションと4GBのLinuxスワップを/ dev / sda3拡張パーティション内に作成しますが、この時点でopenSuSE / Fedora / Ubuntu / Mint /にインストール中に必要なパーティションを自動的に割り当てるようにしましょう。

ディスクのパーティション分割が完了したら、Linuxをインストールする準備が整いました。この場合、私はopenSuSE 12.1をインストールする予定なので、openSuSEのダウンロードWebページに行き、Live KDEイメージを入手します。可能であれば私は一般的に64ビットバージョンを使用しています(これはいつものようなものです)、ISOイメージをダウンロードします。 openSuSEのダウンロードページには、ISOイメージをCDに書き込む方法と、それをLive USBイメージに変換する方法に関する情報があります。

起動可能なCDまたはUSBスティックがあれば、手順の最も難しい部分の1つであるブート可能な方法を理解する準備が整いました。 CDからインストールする場合、ほとんどのネットブックとサブノートには内蔵CD / DVDドライブがないため、USB CD / DVDドライブから起動する必要があります。 USBスティックからインストールする場合は、USBスティックから起動する必要があります。通常、USB CDドライブから起動するのとまったく同じではありません。一般に、システムの電源を初めて投入すると、POST(電源投入時自己診断)シーケンスが実行されます。この間、起動するデバイスを選択することを伝えるためにいくつかのキーを押すことができますが、システム間でどのようなキーが異なるのでしょうか、さらにそれ以上のものがあるかもしれません。ここにいくつかの簡単なメモがあります

#名?

#名?

エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPは、Linuxディストリビューション、クラウド、Red HatはまだOpenStackの企業、エンタープライズソフトウェア、Linuxの初期段階からのLinux、Linuxのサバイバルガイド:LinuxとWindowsの間で簡単に移動できるように計画しています

#名?

#名?

もちろん、他のバリエーションもありますが、LenovoやDellのどちらが使用しているのか覚えていないし、他にもたくさんの試みがあります。一般に、可能なことについてのヒントのために、POST中に画面を見てください。それ以外の場合は、BIOSセットアップに入り、ブート優先度を変更して、「USB CD」、「USB Disk」、および「USB Floppy」をハードディスクドライブの前に置くことができます。ああ、物事を面白く保つために、時々他の奇妙なバリエーションや制限があります。たとえば、このサムスン305Uは、最初に電源が入っているときだけUSBスティックから起動し、WindowsやLinuxから「再起動」しているときは起動しません。あなたが起動して走っていて何らかの理由でUSBブートに戻したい場合は、シャットダウンしてから電源を切ってから再起動する必要があります。単に再起動することはできません。一口。

openSuSEのインストールディスクを起動すると、ライブイメージ、インストーラ、または他のいくつかのデバッグ/スタートアップオプションを選択できるメニューが表示されます。ライブイメージを起動すると、完全なLinuxシステムが起動し、メモリとインストールメディアからのみ実行されます。試してみるか、デバイスサポートを確認します(たとえば、ワイヤレスネットワークが見つかった場合など)。インストールする前にシステム上のLinuxの感じ。次にインストールしてインストールする場合は、デスクトップに「インストール」アイコンが表示され、インストール手順が開始されます。あるいは、ブートメニューから「インストール」を選択することもできます。これは、Linuxとその関連サービスを完全に起動することなく、インストール手順に直接進みます。

インストール手順では、次のように、いくつかの画面しか表示されません。

#名?

#名?

#名?

#名?

#名?

– 最後のチャンス:もう一度、絶対に確実にする。 [インストール]をクリックすると、オフになります。

インストールには15分かかります。その後、再起動するかテストを続行するかを確認するメッセージが表示されます。あなたは終わった!

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

?Red HatはまだOpenStackの会社であることを計画しています

?初期のLinuxで始める

Linuxのサバイバルガイド:この21のアプリケーションは、LinuxとWindowsの間で簡単に移動できるようにします