SAPのHANA、ビジネスバイデスデザインのアクセンチュアパートナー

SAPは、HANAのインメモリ技術を使用して顧客の増強を進めると発表しました。会議コール中、SAP CTOのVishal Sikka博士は、初期のビルドでは、10ブレードマシンを532,000ドルで組み立てることができたと述べています。同氏は、テストでは、複数のデータソースを使用して60秒未満で460億件のレコードを分析することができたと述べています。「3TBマシンが必要でした」Sikka博士は次のように述べています。 SAPは

ユニークなマルチコア処理アルゴリズムのおかげで、非常に複雑なレポートや500億個のPOSレコードに対するクエリが1分以内で実行されました。この結果は、ブレードが10枚、コアがそれぞれ32枚のシステムで達成されました。

SAP HANAは、ハードウェアの改良に比例した性能で直線的に拡張されるため、複雑なリアルタイム解析が可能な1,000以上のコアを搭載したシステムを将来的に導入することができます。

SAPは、インメモリコンピューティングエンジンによるエンタープライズアプリケーション(エージングなど)の大規模な並列処理をマスターし、ビジネスアプリケーションにこれらの利点を活用しています。

Sikka博士は、「過去10年間、いくつかの進歩がハードウェア上で起こってきました。本質的には非常に劇的であり、ハードウェア上のソフトウェア層を一世代に再考することを強要しています。

通話中、ヒルティのクリスチャン・リッターは、ある種の分析に対処するために会社が1時間の従業員に相当する700〜800時間を節約することを示唆する初期の結果について話しました。彼はこれが多くの可能な時間節約シナリオの1つであることを確認しましたが、HANAが「変容的」であることを証明することを期待しています。

SAPは現在、早期顧客をHANAに育成していますが、これは最終的にパートナー様に導入される予定です。オラクルのワン・ストップ・ショップ・アプローチに対抗するメッセージとして、SAPはHANAの実装に関してシスコ、デル、インテル、富士通、IBM、H-Pと提携しています。

SAPは価格を明らかにしないことを選択しましたが、SAPがトップ顧客の40〜60人のパイプラインを構築しようとしていることは私の理解です。価格はおそらく価値ベースであり、1契約当たり約1,000万ドルのオールインワンの数字を探していると思われる。各取引は要件に基づいて評価され、コール中に、各契約は一意であることが確認されました。 Hiltiとは別に、SAPはCoca-Colaとインドに拠点を置くFortune Groupを早期顧客として指定しました。

アクセンチュアのByDesignパートナー

その他のニュースでは、AccentureがSAP for Business ByDesignと提携しているSAP TechEd TVのインタビューの中で、アクセンチュアのインドのリード氏はSukesh Choubey氏のインタビューで語った。これは、InfosysがBYDユニットの設置を検討していると述べた以前のニュースの上にあります。これは、再販業者、実装者およびソリューション開発者として機能します。アクセンチュアは、顧客関係を活用して、BYDを賢明かつ経済的に適合させることができる子会社を持つ大規模なSAP顧客のソリューションとしてBYDを提供する可能性があります。

これは面白い動きであり、私はSAPのCEOであるHenning Kagermannに尋ねた質問の約束を果たしています。当時、彼は明白な速い勝利であったにもかかわらず、会社はBYDを子会社に進出させないと述べた。その大規模な企業は、固有のローカル要件があり、経済的ではないと思われるサイトでSAPの実装を要求するという意見が出されました。現在、BYDは米国、英国、フランス、ドイツ、インド、中国で販売されています。また、私は2011年にBYDを他の国のクラッチに投入する予定であると理解しています。現在の短期的なグローバル流通の不足は、アクセンチュアの顧客子会社すべてに利用可能にする機能を圧迫しますが、このビジネス。

大規模なパートナーは、BYDを費用効果の高い方法で導入するというSAPのビジョンを実現するでしょうか?もう1つの質問:大規模な顧客子会社のカスタマイズニーズを満たすために、SAPがSDKでどれだけ迅速に対応できるか?

これらは、来週のサンタクララで12月9日に開催されるSAP Influencer Summitで発生すると予想される質問です。

調査によると、SAP HANAは節約をもたらします

SAP、ビジネスウェアハウスのHANA専用バージョンを開始

SAP HANAイノベーションアワード受賞者発表

ビッグ・データ・アナリティクス、ビー・データ・アナリティクス、ビジネス・ウェアハウスのHANA専用バージョン、SAP、SAP HANAイノベーション・アワードの受賞者、ビッグ・データ・アナリティクス、SAPはVivandaに投資し、食品デジタル化、大企業

SAPは食品デジタル化、ビッグデータ会社であるVivandaに投資します