SAPはBusinessObjects、分析ツイストのCrystal製品を再リリース

SAPは、分析トラッキング機能を備えた既存のソリューションの一部を強化することで、大きなデータ傾向にさらに取り組んでいます。

具体的には、消費者が製品やブランドについて考えていることをリアルタイムに把握するために、ソーシャルネットワークを含むエンタープライズシステムやWeb全体のトランザクションデータにアクセスして分析することを意味します。

SAPは分析技術の導入により、あらゆる消費者のビジネスが、この消費モデルを使用して特定のビジネス問題を解決するための高度なビジネスインテリジェンス機能によって大きなデータを管理できるようになると主張しました。

アナリストのJohn Schweitzerアナリストのゼネラルマネージャーによると、アナリティクスを含むエンドツーエンドのソリューションはビジネス上の疑問に答えることができ、投資収益のスピードを上げることができます。

SAPのSybase IQサーバおよびData Integratorソフトウェアに基づいて、SAPは4つのサービス(BusinessObjects BIスイート、プラットフォーム、中堅企業向けのEdge、およびCrystal Serverセルフサービスレポートソリューション)用のアナリティクスエディションを提供することから開始します。

また、これらのバージョンを指定したビジネス管理ソフトウェアプロバイダは、特に、ますます増大するデータ需要に対応するために、スケーラビリティが高い。このようなサービスの品質は、中小規模の企業にとっては特に関係します。これは、ソーシャルおよびモバイルの情報源から構造化されていないデータが積み重なる中で、インフラストラクチャを後で処理するのが早くなる可能性があります。

調査によると、SAP HANAは節約をもたらします

SAP、ビジネスウェアハウスのHANA専用バージョンを開始

SAP HANAイノベーションアワード受賞者発表

SAPは食品デジタル化、ビッグデータ会社であるVivandaに投資します

ビッグ・データ・アナリティクス、ビー・データ・アナリティクス、ビジネス・ウェアハウスのHANA専用バージョン、SAP、SAP HANAイノベーション・アワードの受賞者、ビッグ・データ・アナリティクス、SAPはVivandaに投資し、食品デジタル化、大企業