SAP Business ByDesign 2.5がリリースされ、スターターパックが設定されました

SAPは7日、Business ByDesign 2.5のERPスイートが利用可能になったことを発表した.Saphireの報告によると、SAPはBusiness ByDesignの最新の反復を7月に可能にする予定だった。中国、フランス、ドイツ、インド、英国、米国で販売されています

SAPはまた、採用を強化するためにスターターパッケージを開始しました。これらの動きは5月に電信通信が行われましたが、現在はSAPがフォローしています。ここから、市場はBusiness ByDesignの運営方法を決定します。 Dennis Howlett氏によると、今後12ヶ月から18ヶ月は、SAPの主要なオンデマンドスイートにとって重要な要素となります。

SAPは今後12-18ヶ月間、ByDesignに大幅なマーケティング・ドルを投入する用意ができていますが、適切なチャネル・パートナーを適所に、そして量産する必要があります。 SAPはByDesignパズルのこの部分を理解することに熱心に取り組んでいますが、私は過度に慎重なアプローチであると信じています。

最新のBusiness ByDesignは、インメモリ解析、モバイルデバイスサポート、オーバーホールされたユーザーインターフェイスを備えています。 SAPのスターターパックの実装価格は$ 13,500から固定されています。これらのBusiness ByDesignスターターパックは10人のユーザーが利用でき、3つのフレーバーがあります。その中で

価格設定は、SAPの幹部が言っていたものと同じです。興味深いのは、SAPは導入コストとタイミングを非常に透明にしているということです。 Howlettは、CRMスターターパックとプロフェッショナルサービスがうまくいくと考えています。 ERPパッケージは、実装価格が高いため不可能です。

調査によると、SAP HANAは節約をもたらします

SAP、ビジネスウェアハウスのHANA専用バージョンを開始

SAP HANAイノベーションアワード受賞者発表

SAPは食品デジタル化、ビッグデータ会社であるVivandaに投資します

CRMスターター・パッケージは、1週間に13,500ドル、89ドルで3週間実施されています; 1週間に37,500ドルと149ドルで6週間実施されたERPスターター・パッケージ;プロフェッショナル・サービス・プロバイダー・パッケージは、ユーザーあたり45,000ドルと149ドルで8週間で稼動可能です。

SAP Business ByDesign 2.5が到着しました:SAPのSaaS戦略:オンデマンドでの追加、Business ByDesignスターターパック、SAPの最新のBusinessByDesignリリース、SAPのオンデマンドソフトウェア戦略:FAQ、SAP、Amazon Webサービス:クラウドのパートナー; SAPトピックページ

ビッグ・データ・アナリティクス、ビー・データ・アナリティクス、ビジネス・ウェアハウスのHANA専用バージョン、SAP、SAP HANAイノベーション・アワードの受賞者、ビッグ・データ・アナリティクス、SAPはVivandaに投資し、食品デジタル化、大企業