Splunkは第1四半期の目標を上回り、売上高は48%増

Splunkは木曜日の木曜日の収入の見積もりを上回る第1四半期の利益を報告した。

マシンデータソフトウェアプロバイダーは、第3四半期の純損失は100,896ドル(1株当たり77セント)をわずかに上回った(報告書)。

Splunkの非GAAPベースの損失は、前年同期比48%増の1億8,600万ドルの収益で1株当たり2セントに縮小しました。

ウォールストリートは、1億7412万ドルの収益で1株当たり2セントの損失を予想していた。

Splunkの社長兼最高経営責任者(CEO)のDoug Merrittは、同社がQ1の間に450人以上の新規顧客を獲得したと発表した。Splunk Enterprise 6.4と新しいSplunk Cloudもリリースされた。

Merrittはまた、Splunkは「Splunkプラットフォーム、当社の生態系および高価値ソリューションへの投資の増加」を計画していると述べた。

指針の観点から、Splunkは第3四半期の売上高が198百万ドルから2億ドルになると予想しています。アナリストらは、売上高1兆940万ドルの1株利益を目指している。

Spunkは、前回の推定8億8000万ドルから、当期の売上予測を上げている。同社は現在、8億9200万ドルから8億3600万ドルの間の収益を期待している。ウォール街は8億8,200万ドルの収入を予想している。

LinkedInが新しいブログプラットフォームを発表

これはBig OLAPの時代ですか?

DataRobotは、データサイエンスの果実を自動化することを目指しています

MapRの創設者John Schroederが辞任し、COOが辞任

Q2の市場予想を上回るDellのテクノロジー、Salesforce Q2の見積もりを上回る見込み、Q3ガイダンスの軽視、Pure FlashのQ2見積もり、売上高の大幅増、Splunk、Autodesk、Brocadeの堅調な四半期報告、 HPのQ3は予想を上回るが、PC、プリンタの不調は続く;ワークデイズはQ2の四半期売上高を記録

ビッグデータ分析、Big Data Analytics、DataRobotはデータサイエンスの欠点を自動化することを目指している、Big Data Analytics、MapR創設者のJohn Schroederが辞任し、交換するCOO