System Center Essentials 2010レビュー

マイクロソフトがSystem Center Essentials 2007を発表してから数年経っており、中規模企業は企業と同じシステム管理ツールに、より手頃で使いやすい形式でアクセスできます。リリース候補として現在利用可能なSystem Center Essentials 2010(SCE 2010)では、仮想マシンと物理マシンを管理する機能を専攻しています。コンソールインターフェイスも新しいリリースでオーバーホールを得ています。一般にITジェネラリストが展開するのが一般的です。

はじめに新しいEssentialsを使用して最大500台のデスクトップと50台のサーバーを管理することができます。本質的には、マイクロソフトの中核となるSystem Center管理製品のベストビットをまとめたものです。これはサーバーとアプリケーションの監視用のOperations Manager、Configuration Managerはインベントリを収集してソフトウェア配布を管理し、新しいリリースでは仮想マシン(VM)側を処理するVirtual Machine Manager(SCVMM)です。

自動更新のサポートは、Windows Server Update Services(WSUS)テクノロジをベースにした、共通の統合されたコンソールのすべてを搭載した、もう1つのコア機能です。

あなたが想像しているように、最終的な結果は多額のパッケージです。それを実行するために適切なハードウェアとソフトウェアを持っていることを確認するだけで、始める前に関連するドキュメントを読む価値があります。特に、VM管理オプションを利用するには、仮想化ホストが必要であることに注意してください。これははっきりと聞こえるかもしれませんが、いくつかの買い手を驚かせることができます。これは、Hyper-VハイパーバイザまたはMicrosoftのVirtual Serverの実装のいずれかであり、前者は最大限の機能を優先します。また、VMwareから仮想マシンをインポートすることもできますが、Virtual Machine Managerの全製品と同様に、VMwareプラットフォーム上の仮想マシンを直接管理することはできません。

テストでは、Hyper-Vの役割がインストールされた64ビットWindows Server 2008 R2システムを使用しました。 32ビットプラットフォームとWindows Server 2003のサポートはすべてありますが、その場合は仮想化のオプションが大幅に制限されます。

長いSCEインストールは、プロセス中に欠落している前提条件をロードすることによって短縮されます。

SCE 2010のインストール:SCE 2007のインストールは難しい場合があります。そのため、2010年版の手順を簡素化するための多くの作業が行われています。小さくても重要な拡張点の1つは、.NET Frameworkなどの前提条件をインストールし、そのプロセス中にSQL Serverをサポートできることです。しかし、5GBを超えるデータが含まれているため、それはまだまだ簡単な手順ではありません。私たちの適度なテストLANでさえ、これは半日のうちに最良の部分を取りました。

プラスの面では、起動ウィザードはインストール後の作業の多くを支援し、ネットワーク上のシステムとアプリケーションを自動的に検出し、必要なクライアントエージェントと管理パックの両方をインストールします。

ここで大きな変更は、Essentials 2007で事前にロードされていた70以上のものではなく、LAN上にあるものに応じて管理パックを選択的にインストールすることです。また、新しいサーバーやPCが検出されたときに管理パックを追加したり、また、インストールされたパックを自動的に更新し、新しいシステムが見つかったときにダイナミックな管理グループを構築することができます。

SCEを動作させる以前のバージョンをしばらく使用していたのですが、すぐにSCE 2010を起動していましたが、製品の動作と動作の両方に慣れるまでにはまだ時間がかかります。システム管理の初心者です。つまり、管理コンソールは、最新の完全なSystem Center製品のコンソールを反映した新しいOutlookスタイルのインターフェイスで大幅に改善されました。これは非常に直感的でした。

SCE2010コンソールでは、仮想マシンと物理的なWindowsマシンを管理できるようになりました。

新しいコンソールには、コンピュータを管理するための独立したワークスペースが用意されており、監視、システムアップデート、ソフトウェア配布オプション、一般的な管理タスク、レポート、ヘルプソースの関連リストが適切に機能します。また、一般的なレポート作成や管理のためのワークスペースもあります。それぞれのセクションでは、サマリービューから詳細な情報まで、クリックスルーで対応しています。

コンソール内からすべてが行われ、可能な限り痛みを伴わないウィザードが豊富に用意されています。特に、新しい仮想化オプションが製品にシームレスに統合されていることに感銘を受け、Computersワークスペースを開いたときに仮想マシンが物理システムと並んで表示されるようになりました。

ウィザードとテンプレートは、SCEコンソールから新しいVMを作成するときに役立ちます。

新しいホストを追加して管理エージェントをインストールすることは容易であり、Microsoft仮想ハードディスク(VHD)またはVMwareフォルダーから新しい仮想マシンを作成し、既存のVMをインポートするウィザード駆動のツールがあります。 VM作成に役立つテンプレートと、必要なリソースに応じてVMをホストするのに最適なサーバーを判断するためのツールも用意されています。

物理 – 仮想マシン変換は、コンソール内から管理できるほか、完全なSCVMMパッケージとほぼ同じ方法で仮想マシンの監視と管理を行うことができます。 Hyper-Vホスト間でのライブVMの移行もサポートされており、テストではすべてが非常にうまく機能しました。 SCEツールで見つかる前に、ソースVHDファイルとVMファイルを特別なライブラリフォルダにコピーする必要があります。同じことは、OSや他のソフトウェアをVMにインストールするために使用されるCD / DVDイメージにも当てはまります。

WSUSは、配布する更新プログラムを自動的に決定するようになりました。

要するに、仮想化はSCE 2010の大きな魅力ですが、他のツールも強化されています。 WSUSテクノロジに基づいて、ここでの変更は、たとえば、ネットワーク全体で必要な更新プログラムを正確に発見し、自動承認期限を設定し、ワークステーションやサーバー上で異なる配布を処理するために、パッチ適用プロセスを自動化することを目的としています。また、サードパーティの更新サービスと、更新データベースを適切なサイズに維持するためのクリーンアップウィザードもサポートされています。

SCE 2010の価格はまだ発表されていませんが、現在のバージョンと大幅に異なる可能性は低いです。したがって、小規模なネットワーク(10台のサーバと50台のPC)の場合、2,500ポンド(例:VAT)以上を支払うことが期待できます。既存の顧客向けのアップグレードも利用可能で、いずれにしてもそれは価値ある投資です.System Center Essentials 2010は、既に非常に有能な管理ツールを拡張し、それを少し遅れて仮想世界にもたらします。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン