VMware社がDRaaS市場に参入

VMwareは、VMwarevCloud®Hybrid Service™ – Disaster Recoveryを開始することで、サービス(DRaaS)としての災害復旧市場で非常に忙しい市場に突入しました。目標は、クラウドコンピューティングインフラストラクチャの一部としてVMware vSphere Hybrid Serviceを使用するすべての人に、災害計画の一環としてVMware中心のバックアップおよび復旧サービスを展開することです。 VMwareのDRaaS製品の主な違いは、VMwareのvSphere Replicationをデータ複製および移動技術として使用していることです。

VMware vCloudハイブリッドサービス – ディザスタリカバリ

シンプル – セットアップ、導入、管理が簡単、経済的 – セルフサービス機能の高レベル、構成の最小化、ユーザートレーニング、レスポンシブ – オンサイトでのオンサイトアプリケーションの迅速なスケールアップ保護、一貫性のある統合vSphere環境では、ハードウェアやツールを再構成する必要がなくVMwareと同じプロダクションサポート

VMwareはこの新しいサービスの提供を次のように説明しています

VMware vCloudハイブリッドサービスの災害復旧は、最小限の投資でビジネスの回復力を高めます。 vCloudハイブリッドサービスでサポートされているVMwarevSphere®レプリケーション上に構築されたDisaster Recoveryは、運用上の障害に直面した場合でも信頼性の高いリカバリのためのフェールオーバー環境を提供します。ハイパーバイザ層での非同期レプリケーションにより、vSphereの仮想マシン(VM)を災害復旧用に簡単に構成できます。すべてのvCloudハイブリッドサービスデータセンターで利用できます。

ディザスタリカバリは、多くの企業にとって常に厄介な問題です。慎重な計画、データのバックアップとリカバリ、バックアップとリカバリの手順の開発、パッケージ全体の継続的なテストの対象となるオフサイトのデータセンターの関与または構築が必要です。重要な作業負荷を実際にシャットダウンしてリカバリサイクルを強制し、計画と実行がビジネスの継続性をもたらしたことを確実に確かめることは恐ろしいことです。

ヴイエムウェアは、クラウドベースの災害復旧サービスをうまく利用するための課題を検討し、現在提供している数多くのサプライヤの1つです。この市場の他の選手のリストは既にかなり長く、成長しています。 Amazon、Google、IBM Softlayer、RackSpace、Teneros、Zerto、Blue Central Netmagic、Latisys、Microsoft、Twinstrata、eGenera、BlueLock、Windstream、Symantic、およびDatabarracksの順番で他のサプライヤの一部のリストがあります。

これらのすべてのオプションを使用すると、企業の意思決定者は選択を行う前にかなりの宿題を行う必要があります。すべてのDRサービス提供を見つけることが最初の課題です。各サービス提供に関するデータを収集することが次のステップです。最後に、各オファリングに関連する強み、弱点、および総コストの評価は、決定が下される前に行われなければなりません。

各サプライヤは、サービス提供と関連ツールがシンプルで使いやすく、包括的で、コスト効率が良いと考えています。しかし、ほとんどの場合、各製品には独自の制限があります。

意思決定者は、ビジネス要件、予算、会社の専門知識のレベルを注意深く検討し、次に様々なDR提供を評価する必要があります。 VMware、IBM Softlayerなどは、クラウド・コンピューティング・インフラストラクチャの基盤として自社のテクノロジーを使用している企業がDRサービスを選択するだけの短期間を要すると考えています。

これらの新しい製品にはそれぞれ独自のメリットと課題があります。私は、意思決定者に時間をかけて、利用可能なDRaaSの提供について学び、決定を下すようアドバイスします。

クラウドソフトウェアメーカークーパ、7500万ドルの株式公開

クラウドコンピューティングの成長

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

Appleが新しいiPhoneをリリースしたときにAndroidの所有者がしていることは何ですか?耐水iPhone 7のAppleの保証には液体の損傷は含まれていません; 400ドルの中国のスマートフォン?とにかく価格を引き上げるAppleとSamsungは安いライバルを怒らせる; GoogleのDeepMindはマシンが人間のように話すことで大きなマイルストーンを主張する

クラウド、クラウドコンピューティングのクーパ、7500万ドルのIPO、クラウド、クラウドコンピューティングが1つずつAPI、エンタープライズソフトウェア、スイートSUSE! HPEはLinuxディストリビューションを曇らせ、Cloud、Twilioは新しいエンタープライズプランを展開してより敏捷性を約束

スナップショット分析