Yahoo Japanは22M IDの盗難を疑う

ヤフー・ジャパンは、最大2200万のユーザーIDが盗まれる可能性があると考えています。

セキュリティ、再考セキュリティの基礎:どのようにFUDを超えて移動するために、イノベーション、?M2M市場は、ブラジルで復活、セキュリティ、セキュリティ、データ侵害を確認する方法(そして、なぜあなたが本当に “pwned” FBIは、米国の政府関係者をハッキングしたとの態度で、Crackasのメンバーを逮捕した

ロイター通信によると、同社は、日本時間午後9時頃、ヤフーのWebポータルの管理システムにアクセスしようとした不正な行為を発見したという。

共同通信によると、漏洩した情報には、身元確認のために必要なパスワードやデータは含まれていないという。

同社はアクセスを切断した後にシステムをチェックし、ユーザーIDを盗む試みの痕跡を見つけたと同社は伝えている。

日本の携帯電話事業者ソフトバンクが35.5%、米国のインターネット大手ヤフーが34.7%を保有している。

ヤフーのポータルサイトを管理しているシステムに不正アクセスし、IDや電子メールアドレス、パスワードなどの情報を少なくとも1,270万件のアカウントで盗むようになったと、4月の早くも明らかになった。 。

データの破損を確認しないでください(そしてなぜあなたが本当にあなたが “pwned”になってほしいか)。

セキュリティの基礎を再考する:FUDを超えて移動する方法

M2M市場はブラジルに戻ってくる

FBIは、米国の政府関係者をハッキングしたとの態度で、Crackasのメンバーを逮捕した